富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

小田貫湿原~9月編その2~

どう思いますか?

 

水たまりからひょこっと可愛い顔を覗かせているウシガエル。

今や外来種として毛嫌いされてしまっていますね。

彼らはただ一生懸命生きているだけなんですけどね~。

元々は食用で輸入されたカエルです。

つまり食べることだができます!

 

みなさんはこのカエルに出会った時、どう思うでしょうか?

可愛い?

ちょっと怖い?

それとも美味しそう?

小田貫湿原~9月編~

小さな巨人

手すりに小さなモリアオガエルがいました。

こんなに小さいとつい子ども?と思ってしまいますが、

オタマジャクシからカエルになっているということは

もう大人と言ってもいいのかもしれません。

でもこんなに小さいということはまだまだ天敵だらけ。

頑張って厳しい自然を生き残ってほしいものです。

小田貫湿原~7月編~

空の賑わう季節

ついに空の賑わう季節がやってきました!

夏に近づき、ここ最近トンボの数が一気に増えました。

小田貫湿原はトンボの種類も豊富です。

最近市街地で暮らしていると、トンボを見る機会は多くはないですよね。

子どもの頃に親しんでいた生き物と再会すると、

心がとても安らぎますよ♪

ぜひ足を運んでみてください♪

小田貫湿原~6編その2~

夏はどこへ?

ノアザミにはよくこのウラギンヒョウモンが

蜜を吸いにやってきます。

6月ごろから姿が見られるようになり、

夏は姿を消してしまいます。

夏には死んでしまうのでしょうか?

そうではありません。

実は、夏眠をするのです。

涼しいところに身をひそめ、

秋ににまた姿を現します。

今なら湿原に行けば出会うことが出来ますよ♪

小田貫湿原~6月編~

トンボたちが飛び交う季節がやってきました!

子どもたちからの人気も高く、

童謡にも登場するほど、昔から日本人に

とてもなじみ深い昆虫ですね。

そんなトンボですが、近くで見たことありますか?

近くでじっくり見ると発見がたくさん!

脚に毛が生えていたり、目がクリっとして可愛らしかったり♪

トンボを見つけたら近くで観察してみてくださいね!

小田貫湿原~5月編~

高く飛ぶために

羽化という言葉を聞いたことがありますか?

幼虫から成虫に変わるために変態し、翅(はね)を

はやすことで、セミの羽化を見たことがある方は

少なくないと思います。

今の時期、トンボが羽化をする季節。

このコサナエトンボは羽化後、まだ柔らかい身体が

固くなるのを待っている最中。

運が良ければ、羽化している瞬間に出会えるかもしれませんね。

小田貫湿原~4月編~

探しては食べ、探しては食べ。


ここ最近一気に虫たちの数が増えたように感じます。

もちろん自然塾スタッフを喜んでいますが、

虫が大好きな鳥たちも大喜び。

このシジュウカラはカメラを向けても全くお構いなし。

必死に地面にいる虫を探しては食べを繰り返しています。

そーっと寄っていけば、シジュウカラに大接近できるかもしれませんね!

小田貫湿原~3月編その2~

お供します?

この写真の鳥はヤマドリ。

桃太郎にも登場するキジの仲間なので、姿が似ていますね。

このヤマドリは最近小田貫湿原に姿を現します。

そしてスタッフを見つけるたびに威嚇のため、走って追いかけてきます。

スタッフに走って近づくヤマドリ。

この様子が、桃太郎にきびだんごをねだるキジと妙にリンクしました。

もしかしたら、人に近づき威嚇するキジの行動を見て、

桃太郎のお供はキジになったのかもしれませんね。

湿原で出会えたら、桃太郎の気分を味わえるかもしれませんよ。

小田貫湿原~3月編~

ホーホケキョ

ホーホケキョ。

この声を聞くと、大体の人が「ウグイスだ!」と、

名前が出てくるのではないでしょうか。

でも、ウグイスがどんな姿か、想像できますか?

ましてや、本物を見たことがありますか?

ウグイスが多く見られる場所は、笹やぶの中。

スズメやカラスのように簡単には見られません。

笹やぶの中で小鳥が動いたら、目を凝らして観察してみてください。

もしかしたら、ウグイスかもしれません。

小田貫湿原~2月編~

動物が多いということは...

「田貫湖の周りに、イノシシっているんですか?」

たまに聞かれる質問です。

田貫湖の周りにイノシシは、います!

見てくださいこの写真。明らかに何かが通った道のようなものがありますね。

ここは、イノシシが通った道なのです。

田貫湖周りにはタヌキやシカ、天然記念物のカモシカなど、

たくさんの動物が田貫湖周りには暮らしています。

それだけ豊かな自然が田貫湖周りには残っています。

田貫湖周りでの生き物探し、楽しんでくださいね!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 15ページ中2ページ目