富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

小田貫湿原2016年9月10日

どんどん成長してますよ♪

 

 

写真は今年生まれのアオガエル。

夏に見た時はカエルに成りたてで「何匹が生き残るかな~」思っていました。

しかし、秋になりもう立派なカエルの姿に!生き物たちの成長は著しい!

これからの季節も彼らの成長が見逃せません♪

小田貫湿原2016年8月25日

したたかな戦略

 

 

写真はツユクサ。

お花はアサガオと同じく、夕方には萎んでしまうのですが、その瞬間にご注目!

おしべとめしべをくるくる丸めてくっつけて、自分の力で受粉します。

花粉を運ぶ虫がいなくてもへっちゃら!

すごい特技の持ち主なんです!

小田貫湿原2016年8月10日

雨が降ってもへっちゃらさ!

 

 

写真はヤマホタルブクロ。

不思議な花の形をしていますね。

この形、何かに似ていませんか?

実は花粉が雨に濡れないよう、花びらが傘の役割を果たしています!

形には理由があるんですね。自然の不思議に出会ったらぜひ自然塾へ!

小田貫湿原2016年7月25日

こども?おとな?どっち?

 

 

おとなと同じ形で生まれるバッタにも、こどもとおとなで決定的な違いが!

それは、『翅』があるかどうか!!

素敵な結婚相手を探すため、おとなになると翅が生えるのです。

おとなになったら大空へ羽ばたくバッタくん!!うらやましいなぁ~!

小田貫湿原2016年7月10日

薬草を活かした生活

 

 

ドクダミは、身近に生えている薬草の1つ。

昔から葉っぱを火にあぶれば張り薬に、

すり潰せば塗り薬となり怪我や病気に効く万能選手!

自然の中には体に良いものでいっぱい。

日常でも自然の力を活かしてみてはいかがでしょうか?

小田貫湿原2016年6月25日

田貫湖の北岸に広がる富士山麓唯一の湿原で、大小120以上の池が点在しています。周囲はスギ・ヒノキの植林地と雑木林に囲まれており、整備 された木道を歩いて散策することができます。ノハナショウブ、キセルアザミ、サワギキョウなど湿生の草花が数多く確認できる他、年間約50種ほどの野鳥観 察も楽しめます。さらに湿原は昆虫の宝庫でもあるため、チョウ類は72種類、トンボ類は29種類の生息が確認されています。

くすぐりには弱いんです!!


蜜を吸いにやってきた虫たちがノアザミの花に触れると、

「くすぐったい!」と言わんばかりに白い花粉を出します。

実はこれ、「虫に確実に花粉を運んでもらう」ノアザミの作戦なのです!

動けないからこその生きる工夫!!脱帽ですね。

小田貫湿原2016年6月10日

食べ頃が待ち遠しい♪


おいしい果実が実る時期。クワの実は、紫色に熟したら食べ頃です。

動物たちもこの実を目当てにやってきます。もちろん人が食べても美味しい!

そのままで食べてもよし!ジャムにするのもよし!!

自然の恵み、熟すのが待ち遠しいですね♪

小田貫湿原2016年5月25日

カエルとのかくれんぼ

 

 

池から聞こえるキロロ♪という謎の声。これはシュレーゲル

アオガエルの鳴き声。でも、どんなに探しても姿は見えず。

実は敵に見つからぬよう土の中に隠れていることが多いのです。

見れたらラッキ~♪カエルとのかくれんぼやってみてね!す!

小田貫湿原2016年5月10日

精一杯イキテマスカ?

 

 

さてこれは?? なんと、ヒキガエルの皮です。

産卵のために住み家である林から湖へ移動中が最も危険な時。

きっとカラスにでもやられてしまったのでしょう。

そんな危険があることを承知で、ヒキガエルは5000個の卵を生むのです!!

小田貫湿原2016年4月25日

芽の季節

 

 

田貫湖は新芽の季節。

まるで冬が終わって喜んでいるかのように一斉に出し始めます。

色も形もさまざまなので、新芽ウォッチングが楽しめます。

写真は、ツツジの新芽。

新芽の中でも人気があるんじゃないかと思うのは私だけ?


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 15ページ中6ページ目