富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

小田貫湿原2014年12月24日

田貫湖殺虫事件

 

よく晴れた朝。

平和な田貫湖に奇妙な事件が起きました。

 

なんと!串刺しになっているイナゴが・・・

イナゴが脚を滑らせ刺さったのか、それとも心なき人か、動物か・・・

 

実は、犯人は鳥。

冬鳥の「モズ」です。

これは「モズのはやにえ」と言われていて、

トゲがある木を見ると発見できたりします。

イナゴ以外にも、カエルや魚、カナヘビなど環境によって見られる「はやにえ」も

違います。

 

なぜモズははやにえをするのでしょうか。

 

冬に食べるエサを蓄えている?なわばりを主張している??

色々な理由が考えれますが、詳しいくことはわかっていません。

 

事件の真相はいかに!?

みなさんもぜひ、「はやにえ」を探して見て下さいね。

小田貫湿原2015年11月27日

田貫湖の北岸に広がる富士山麓唯一の湿原で、大小120以上の池が点在しています。周囲はスギ・ヒノキの植林地と雑木林に囲まれており、整備 された木道を歩いて散策することができます。ノハナショウブ、キセルアザミ、サワギキョウなど湿生の草花が数多く確認できる他、年間約50種ほどの野鳥観 察も楽しめます。さらに湿原は昆虫の宝庫でもあるため、チョウ類は72種類、トンボ類は29種類の生息が確認されています。

湿原は、木の葉を落とし、草はタネを飛ばし終え、冬に向けての準備はバッチリのようです。

湿原を歩いて見ると、あることに気づきます。

なんと!木道が、一面キラキラ光っているのです。

目を凝らしてみると・・・そうです。木道が凍結していたのです。

 

今なら、スケートで滑るように木道をスイスイ歩くことが出来ますよ。

でも、滑ると危ないので、訪れる際は足元に十分にお気をつけ下さい。

小田貫湿原2014年11月13日

赤い宝石発見!


小田貫湿原を歩いていると真っ赤な果実がたくさん実っていました。
余りにも美味しそうなので食べてみると・・・とても酸っぱかったです。
これは「ミヤマガマズミ」という木の果実です。
この果実、メジロなどの鳥が冬に食べる大事な食物になっています。
人にとって美味しくなくても、生き物たちにとってはご馳走なのかもしれないですね。
おいしそうな果実があったら、立ち止まって見てみてください。
もしかしたら、鳥のお食事の場に立ち会えるかもしれないですよ。
(2014年11月13日)

小田貫湿原2014年10月24日

葉っぱも衣替え!?

 

夏に色とりどりの花をつけ、私たちを楽しませてくれた湿原の植物たち。
今ではもうすっかり冬の姿に変わってきています。


そんな中、一際目を引くのが、写真の葉っぱ。
アサマフウロという植物です。


木だけではなく草の葉っぱも紅葉するんですね。
この秋はいろいろな紅葉(もみじ)狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
(2014年10月24日)

小田貫湿原2014年10月11日

まるで薙刀(なぎなた)!

 

この時期の湿原は、シソの仲間のお花がたくさん見れます。

シソの仲間はどれも匂いがするのですが、
なかでも強烈な匂いがするナギナタコウジュ。

写真のように、薙刀?のように花をつけるのが特徴です。
葉っぱの匂いで物足りない人は、ぜひ茎を触ってみてください。
そして枯れてもなお、匂いがします。

匂いを嗅いだみなさんの感想お待ちしています。
(2014年10月11日)

小田貫湿原2014年9月27日

人生最後の助け合い

たくさん咲く秋の花たち。そこに来る虫たち。

虫は蜜をもらって人生最後の大仕事「交尾」「産卵」に挑み、
花たちは花粉を運んでもらって種を作り、その種で冬を越します。

厳しい冬に備えて、みんな最後の力を振り絞っています。
(2014年9月27日)

小田貫湿原2014年9月12日

可憐な花の意外な性格?

写真はツルリンドウ。
見た目は可憐な花ですが、暗く湿った森を好んでひっそりと咲いています。


花の後には真っ赤な実をつけ、
その実はお酒にする人もいるんだとか。

他にも湿原では、秋の花々が咲き乱れています。
ぜひ足を運んでみてくださいね。
(2014年9月12日)

小田貫湿原2014年8月29日

水玉模様のおしゃれさん

 

写真はミズタマソウという植物の実。
名前の通り、濡れた姿はまるで雨のしずくそのものです。

 

よく見ると実の回りにある白い毛に、水が纏わりついています。
花言葉は「心の美しさ」。

一度見たら好きになること間違いなしです。
(2014年8月29日)

小田貫湿原2014年8月10日

コオニユリ

 

黄色に白にピンクにオレンジ。
湿原のお花たちが元気に咲いています。


色とりどりのお花の中でも特に目を引くのが、
写真の「コオニユリ」。


匂いも色も、思わず見惚れてしまいます。
みなさんはどのお花が好きですか?


いいお写真が取れたら、
ぜひ自然塾でお花トークしましょう!
(2014年8月10日)

小田貫湿原2014年7月30日

性別が変わる!?

これから満開を迎えようとしているシシウドという植物。

実はこの花、性別が変わるんです!!最初は雄花が咲き、花粉を出します。
そして…数日すると雄花は枯れて雌花に!!

見た目は変わらないのに、こんな変化があるなんて驚きです。
(2014年7月30日)

<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> 15ページ中9ページ目