富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

小田貫湿原2012年5月16日

とぶ棒!?シオヤトンボが見れます!


トンボは夏から秋にかけて出てくるものだと思っている、あなた。

実はトンボは早くから大人になって活動しています。

写真はシオヤトンボ。


「とぶ棒」が「トンボ」になったと言われ、後ろに引かず前に勇ましくまっしぐらに飛ぶ様は「勝ち虫」と呼ばれて、戦国時代の武将の兜や鎧、着物や印籠の紋章としても使われました。


トンボを見つけたら、あなたの「勝ち」もやってくるかも??

(2012年5月16日)

田貫湖畔2012年5月16日

日光浴は気持ちがいい♪

田貫湖は農業用水確保のために作られた人造湖です。

今も田んぼに水を入れているため、4月から5月にかけて水位がぐっと減ります。
すると、昔の切り株がいくつも姿を現して…


その上にカメさんが日なたぼっこをしていました。

足を延ばしてリラックスしているのは日本に古くからいるイシガメ。


最近、外国産のカメばかり目にするので、少しうれしくなってしまいました。

(2012年5月16日)

自然塾敷地内2012年5月16日

変わった形で虫を呼ぶ!ヒメコウゾ

 

春の野原に花が咲き、今度は木々たちが花をつけ始めています。


写真はちょっと変わった形の花。「ヒメコウゾ」という昔、紙の原料にも使われていた木の花です。
花の形は虫を呼ぶために工夫されたもの。

さあ、どんな虫が来るのかな?
花を見つけたら、ちょっと待っているとたくさんの虫たちに会えるよ!

(2012年5月16日)

<< 1 >> 1ページ中1ページ目