富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

田貫湖畔2012年7月25日

油断大敵!!

 

 

 

夏に欠かせないのがセミの鳴き声!
今、田貫湖でよく鳴いているのは「カナカナカナ・・・」と鳴くヒグラシです。

 

ヒグラシが鳴くのは夏の終わりってイメージがありますが、
もうこの時期には鳴き始めているんですね。

 

ちなみにセミが鳴くのはオスだけ。
メスが敵に襲われないよう、オスが体を張って頑張っています。

 

写真がその頑張っているオス。
でもちょっと変ですよね??実はクモの巣にひっかかってしまいました!

 

自然界では油断していると、何があるかわかりません。
みなさんも外に遊びに行くときは、ご注意を!!

(2012.7.25)

自然塾敷地内2012年7月25日

8月にアジサイ!?

 

 

田貫湖では、コアジサイから始まり、ガクアジサイ、ヤマアジサイなど、
たくさんのアジサイが花を咲かせてくれます。

 

写真の花は「ノリウツギ」というアジサイの仲間の植物。

 

大抵のアジサイは、8月になると花が終わってしまいますが、
このノリウツギは、長くいもので9月まで花を咲かせてくれます。

 

昔の人は、枝を楊枝にしたり、皮からとった粘液をのりとして使っていたことから、
名前が付けられています。

 

一言にアジサイといっても、いろんな種類があるんですね。

 

8月にアジサイ。
ちょっと変わった目的で、散歩に出かけてみてはいかがですか?

(2012.7.25)

小田貫湿原2012年7月25日

湿原は今が旬!!

 

この時期の湿原には、大きくて目立った花をつけるものが多いですが、
中でもひときわ目立って咲くのが、「コオニユリ」です。

 

大きな花にきれいなオレンジ色。
これは決して人間を誘うためではなく、チョウを誘うためのもの。

 

花から突出したおしべの先端には、花粉がびっしり。
しかも先端に少し触れただけで、くるくると回転しだします。

 

チョウがやってきて、ひとたび触れれば、体中に花粉がくっつく仕組みになっています。
みなさんもユリの花粉が服について困った覚えありませんか?

 

チョウとの知恵比べの見につけた技なんですね。
みなさんもぜひおしべに触ってみてください!

(2012.7.25)

小田貫湿原2012年7月10日

花の競演第2幕開幕!

夏になって、暑い日が続くようになってきました。

梅雨の雨に姿を隠していた虫たちも忙しそうに飛び回っています。

 

そこで、お客さんが増えてきたとばかりに、植物たちは

花のレストランを次々にオープンさせるので、春に続くさまざまな花たちの

競演がまた始まります。

 

春と違うのは、その花たちの大きさ。

夏に出てくる昆虫は大型なものが多いので、花の大きさも大きくなります。

写真はクサレダマ。

 

大型の花たちが見ごろの湿原に出かけてみませんか?

<< 1 >> 1ページ中1ページ目