富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

田貫湖畔2012年12月26日

真冬のユウガギク

この辺りでは11月下旬には枯れてしまうユウガギクですが、
なんと!本日12月26日、咲いている花を発見しました。

種が発芽するのが遅かったのか、寒さにとっても強いのか、
それともただ単にマイペースなのか…

とにかく、「がんばれ!」と声をかけたくなります。
(2012年12月26日)

小田貫湿原2012年12月26日

足跡はしっかりと!


雪の上にはしっかりと残っている、動物たちのいた証拠!
寒い冬でも動物たちは、頑張って生きています。

この足跡の正体は、リスの後ろ足。他にもたくさんの足跡が湿原には残っていました。

この時期、雪の上を探してみれば、動物たちの足跡を発見しやすいですよ!

人間が作った道でさえも、時間差では色んな動物たちも利用していたりと、足跡の様子から

動物たちの行動をみても面白いと思います。

(2012年12月26日)

自然塾敷地内2012年12月26日

寒さに負けず生きていく

 

一度生えたらそこを動くことができない植物たち。

寒さが襲ってきても暖かいところに避難することができません。

ただただ耐える。

 

写真はハコベやホトケノザといった春に花咲く植物たち。

霜が降りてもなんのその。

それを耐えしのいで来る春の暖かさは格別でしょうね!!

(2012年12月26日)

田貫湖畔2012年12月12日

だるまさんがころんだ!?

 

冬はバードウォッチングの季節!
田貫湖畔では、水鳥以外にもたくさんの野鳥を見ることができます。

 

写真に写っている鳥は、「ツグミ」。

普段は歩いているところをよく見かけます。

 

じっと観察していると、少し歩いて、顔を上げて、
少し歩いて顔を上げての繰り返し。

 

まるで、「だるまさんが転んだ」をしてるみたいな動きなんです。
もし見かけたら、みなさんもぜひ観察してみてください!

(2012年12月12日)

自然塾敷地内2012年12月12日

ヤママユガの繭(まゆ)!

 

樹上をよく見てみると、葉を落としたはずの木に、
なんだか黄緑色の物体が?

 

これ実は、ガの繭(マユ)なんです。写真は「ヤママユガ」といって、
成虫になると体長10cmにもなる立派なガのマユ。

 

冬場は繭を作ってじっとしています。
一度見つけると、どんどん目につきますよ!お試しあれ!

(2012年12月12日) 

小田貫湿原2012年12月12日

氷の世界!

 

地面から突如飛び出る「霜柱」。
これ実は、地面の中から出てきた水が凍ってできるんです。

 

地面の中にある水の姿なんて、普段なかなか見れないですよね。
冬ならではの景色。

 

ざくざく踏みしめたり、柱の長さを競ったりして、
お楽しみください♪

(2012年12月12日)

 

<< 1 >> 1ページ中1ページ目