富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

田貫湖畔2013年2月8日

アオサギが集団で…

大型のサギ「アオサギ」。

 

田貫湖では、上空を飛んでいる姿をよく見ますが、
水面に降りている姿、しかもこんなに集団でいるところはめったに見かけません。

 

一緒にいることで、冬のさみしさを埋めているのでしょうか。

その前をカモたちが悠然と泳いでいました。

(2013年2月8日)

自然塾敷地内2013年2月8日

たくわえがモノをいう

 

写真の鳥はカラスの仲間「カケス」。

非常に頭がいいのです。

 

彼らの大好物は、秋の木の実どんぐり。

それを冬の食糧難に備えて、隠しておきます。

食べたり隠したりで1日1000個どんぐりを運ぶとか。

 

さあ、これからは掘り起こして食べる季節。
はたして、何個覚えているんでしょうか??

(2013年2月8日)

小田貫湿原2013年2月8日

私、筋が通ってます

 
葉っぱが落ちる冬に樹木の正体を知るには、
「来年のための芽を見る」か「木の肌を見分ける」
の2通りの方法があります。

 

写真の木肌は、筋の通った変わった木肌。
なんだか、礼儀正しい感じがします。

 

さみしい感じのする冬ですが、木肌を見分けてみると
なんだか気にも個性があるみたいでうれしくなります。

(2013年2月8日)

<< 1 >> 1ページ中1ページ目