富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

田貫湖畔2014年5月31日

春に咲くアザミ!



夏が近づき、色とりどりのお花を見かける機会も多くなりました。

写真は「ノアザミ」。

 

アザミというと秋に咲くイメージが強いかもしれません。

しかし、このアザミだけは春から花を咲かせます。

 

植物を見分けるのってなかなか難しいですが、

春に咲くアザミを見つけたら、まずノアザミで間違いないでしょう!!
(2014年5月31日)

小田貫湿原2014年5月31日

葉っぱのゆりかご

 

道沿いに葉っぱが丸まったものが落ちていました。

実は、オトシブミという生き物の仕業なんです。

 

葉っぱの中には、卵が1個入っていて。

卵からかえった幼虫は、この葉っぱを食べて大きくなります。

 

子どもの為に作る愛情こもった芸術作品。

ぜひ見つけて観察してみてくださいね!

(2014年5月31日)

自然塾敷地内2014年5月31日

巨大な白い泡の正体は?

 

自然塾敷地内にあるアカガエルの池では、モリアオガエルの産卵がピーク!

彼らは木登り名人で、水場の周りにある木に登り産卵をします。

 

白い泡は乾燥から卵を守る為のもの!

泡の中でオタマジャクシになり、その後池に落ちて生活を開始します。

 

ちょっと変わった面白いカエルです。
(2014年5月31日)

田貫湖畔2014年5月8日

ツツジと言っても・・・

 

鈴なりにつく、ツツジの花を発見しました。
名前を「ドウダンツツジ」。


ツツジというと、昔蜜を吸って楽しんだイメージがありますが、
形も様々なんですね。

日本にはツツジの仲間だけで、100種類以上あるんだとか。
田貫湖でもたくさんのツツジが咲き乱れます。
お花好きの人はぜひツツジウォッチングを楽しんでみては?

(2014年5月8日)

自然塾敷地内2014年5月8日

私のオススメ

 

春になると、黄色い花をよく目にします。
タンポポやヤマブキなど鮮やかな色に心を奪われることでしょう。

私のおすすめは、写真の「カタバミ」。
花は小さく星形で、葉っぱはハート形をしています。

可愛さもさることながら、小さいので見つけた時は結構うれしくなります。
皆さんの家の周りでも必ず見られるはず!
(2014年5月8日)

小田貫湿原2014年5月8日

小鳥止まらず

 

湿原はまだまだ、早春の様子です。
新緑交じりの木々の中に、匂いを放つ黄色い花がありました。

写真の花は「メギ」と言い、別名「コトリトマラズ」と呼ばれています。
名前の通り、不用意に近づくと枝にある鋭いトゲが刺さります。

この植物の仲間で、「ヘビノボラズ」と呼ばれるものもあり、いずれも鋭いトゲがあります。
それにしても名前がユニークですよね。

一度聞いたら忘れられない植物です。
(2014年5月8日)

<< 1 >> 1ページ中1ページ目