富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

小田貫湿原2014年7月30日

性別が変わる!?

これから満開を迎えようとしているシシウドという植物。

実はこの花、性別が変わるんです!!最初は雄花が咲き、花粉を出します。
そして…数日すると雄花は枯れて雌花に!!

見た目は変わらないのに、こんな変化があるなんて驚きです。
(2014年7月30日)

自然塾敷地内2014年7月30日

野菜のおいしい季節です!

ナスに似ているこの植物。
実は外国から来た植物で、食べると大変なことになってしまいます。

トゲもあり、下手に刈ると、さらに増殖するというすごい能力を持っています。
そこでついた名前は「ワルナスビ」。

名は体を表しているものですね!
(2014年7月30日)

田貫湖畔2014年7月30日

夏の香りといえば?

 

夏の季節に彩りを与えてくれるヤマユリ。
花の形や色は、実に華やかでみとれてしまいますが、
それ以上に、強烈な印象を残してくれるのは香りです。

この匂いを嗅ぐと、夏がきたなぁと思います。
あなたにとっての夏の匂いはなんですか?

ヤマユリは今がピークですので、
ぜひご鑑賞ください!

(2014年7月30日)

田貫湖畔2014年7月9日

夏のお花特集その①

 

7月に入り、夏を彩るたくさんの花が咲き始めました!
湖畔や湿原、自然塾敷地内でも見られる「ノハナショウブ」。

紫色の大きな花と花弁にある黄い目印は、毎年虫たちの注目の的です。
目印はガイドマークと言い、スミレやツツジにもみられる模様。

この模様次第で虫にモテるかどうかが決まるのでしょうか?
人間と同じでお花にも個性があるんですね。
(2014年7月9日)

自然塾敷地内2014年7月9日

夏のお花特集その②

 

たくさんの星が幾重にも重なって見えるのは、
「コバギボウシ」の蕾。

出たての葉っぱは食べることがもでき、
夏に咲く花も見ごたえがあるので、親しみやすい植物です。

葉っぱの時期は有毒なバイケイソウと間違いやすいのですが、
お花を見れば一目瞭然。

この時期にたくさん見て、覚えておくといいかもしれませんね!
(2014年7月9日)

小田貫湿原2014年7月9日

夏のお花特集その③

 

夏と言えば、湿原の季節!
その中でも、今旬を迎えているお花があります。

名前は「クサレダマ」。
湿原を黄色に染めるほど群生しています。
匂いは決して臭くないのであしからず。

これからが見ごろな湿原に、ぜひ足を運んでみてくださいね!
(2014年7月9日)

<< 1 >> 1ページ中1ページ目