富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

小田貫湿原2016年2月25日

待つ鳥来たる!

 

 

たくさんの鳥に出会うコツ…それはとにかく同じ場所で待つこと。

鳥たちが集まりそうな餌場や水浴びが

出来そうな水たまりがあったら、じっとしてみては?

鳥たちが続々とやって可愛らしい仕草もバッチシ観察出来るかもしれませんよ♪

田貫湖畔2016年2月25日

見上げてみれば

 

 

冬の星空もいいけれど、森の中でふと顔を上げてみると、

大迫力の景色を楽しむことが出来ます。

ほとんどの木々が葉を落とす中、

針葉樹たちは変わらぬ姿で私達を出迎えてくれますよ。

冬のお散歩、ぜひ視点を変えてお楽しみください♪

自然塾敷地内 2016年2月25日

え!?白くならないの?


 

写真はノウサギ。

冬になるとまっ白な毛に変わることで知られています。

でも、田貫湖に住むノウサギはずっと茶色のまま冬を過ごします。

もちろん!理由があります。

では、なぜ白くならないでしょうか?ヒント!

田貫湖の回りではあまり雪が積りません♪

小田貫湖湿原 2016年2月10日

だれの落し物?

 

 

雪の上に動物の落としものを発見!

だれのだ~?正解はキツネさん。

肉食動物であるキツネの糞には、食べた動物の毛が含まれており、

こんな形になります。

見ただけで、肉食、草食、雑食と動物がわかってしまうなんて、

糞はあなどれません!

田貫湖畔 2016年2月10日

雪道の名探偵になろう!

 

 

雪が降ったあとは「動物の足跡探し」がオススメです。

一面をまっ白に覆う雪の上には、動物の足跡がくっきり残ります。

「足跡の犯人はだれだ!?」と、

ぜひ名探偵気分で推理してみてはいかがでしょうか?

自然塾には足跡図鑑もありますよ!

自然塾敷地内 2016年2月10日

お散歩しながら浮かんだ

 

「なんだろうくん」を大事にしよう。



栄養を作るのに大事な葉っぱを冬に落とすのはなぜ??

それは、水を吸い上げるのが難しくなって光合成がやりにくくなるから。

だから思い切って落として、足元で栄養を作る。じゃあ逆に落としていないのはなぜ??

疑問は広がるばかりです。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目