富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

自然塾敷地内2016年5月25日

身近な自然の裏ばなし♪

 

 

春の定番、タンポポ!

実はタンポポに「日本人」と「外国人」がいるってご存知でしたか?

写真はトウカイタンポポ。東海地方に多く咲く立派な日本のタンポポです。

身近な自然の裏話。探してみると意外な新しい発見があるかも・・・!?

田貫湖畔2016年5月25日

さぼってないよ、お仕事中!

 

 

 

春になるとよく目にする「カメの甲羅干し」。

写真のクサガメもまさにその真っ最中!

甲羅干しはただ体を温めるだけでなく病気予防にもなる、

カメの重要なお仕事なのです。

のんびりしている様にみえて、カメたちがんばっています!

小田貫湿原2016年5月25日

カエルとのかくれんぼ

 

 

池から聞こえるキロロ♪という謎の声。これはシュレーゲル

アオガエルの鳴き声。でも、どんなに探しても姿は見えず。

実は敵に見つからぬよう土の中に隠れていることが多いのです。

見れたらラッキ~♪カエルとのかくれんぼやってみてね!す!

小田貫湿原2016年5月10日

精一杯イキテマスカ?

 

 

さてこれは?? なんと、ヒキガエルの皮です。

産卵のために住み家である林から湖へ移動中が最も危険な時。

きっとカラスにでもやられてしまったのでしょう。

そんな危険があることを承知で、ヒキガエルは5000個の卵を生むのです!!

自然塾敷地内2016年5月10日

近くで起きてる助け合い

 

 

新緑の季節。桜の葉っぱの根元を見ると何やら赤いポチ

ポチが!?この中にはアリが好きな蜜が詰まっています♪

アリはその蜜のお礼に桜の葉に悪さをする虫を追っ払う。

生き物同士の助け合いは私たちのすぐ近くで起きているんですね♪

田貫湖畔2016年5月10日

田を貫く湖は現役です!!

 

 

田貫湖は4月~5月、水位がめちゃめちゃ増えたなあと思ったら、一気に減ります。

農業用水として、今も使われているため。でも、湧水豊富なのになぜ??

それは湧水が苗の生育に冷たすぎるから。ため池は先人の知恵なのです!!

<< 1 >> 1ページ中1ページ目