富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

自然塾敷地内2016年8月25日

幅跳びチャンピョン!

 

 

秋も近づき、大きなバッタをたくさん見ることが出来ますね!

写真は、ご存知トノサマバッタ。

驚くべきジャンプの名手で、一回のジャンプで5m先までいけちゃうそうです!!

体の大きさは5cm程なので、人と同じ大きさになったら幅跳びの選手顔負けですね♪

生き物がもつ力に驚かされてばかりです。

田貫湖畔2016年8月25日

名前には理由がある!

 

 

この白くて小さなお花。

名前をヘクソカズラ(屁屎葛)と言います。

こんなかわいい姿から、随分ひどい名前を付けられたものです…

理由は、この花の匂いにあります。

田貫湖畔周辺にはたくさん生えているので、勇気がある方は

心の準備をして嗅いでくださいね♪

小田貫湿原2016年8月25日

したたかな戦略

 

 

写真はツユクサ。

お花はアサガオと同じく、夕方には萎んでしまうのですが、その瞬間にご注目!

おしべとめしべをくるくる丸めてくっつけて、自分の力で受粉します。

花粉を運ぶ虫がいなくてもへっちゃら!

すごい特技の持ち主なんです!

自然塾敷地内2016年8月10日

おいしい宝石!

 

 

木道の中でひときわ目立つ真っ赤なイチゴの実。

これはバライチゴと言って、食べることができます。

森のおいしい宝石。味は酸味がありますが、ジャムにするのがオススメです。

見ごろは8月。かなり存在感があるので探してみて!

田貫湖畔2016年8月10日

南国の雰囲気♪

 

 

田貫湖の周りを歩いていると、よく見かける「ネムノキ」。

この花を見ると南国に来たような気持ちになるのは私だけ!?

しかし変な名前ですよね。

その名の由来は、夜になると葉っぱを閉じ、眠っているようだから。

夜もチェック!!

小田貫湿原2016年8月10日

雨が降ってもへっちゃらさ!

 

 

写真はヤマホタルブクロ。

不思議な花の形をしていますね。

この形、何かに似ていませんか?

実は花粉が雨に濡れないよう、花びらが傘の役割を果たしています!

形には理由があるんですね。自然の不思議に出会ったらぜひ自然塾へ!

<< 1 >> 1ページ中1ページ目