富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

小田貫湿原2016年12月25日

残念○○さえなければ!

 

 

この写真、鉄塔がなければとってもいい景色なのに・・・。

人工物を建てる時には、まわりとの調和もまた大事なんだなあという教訓を教えてくれている1枚。

あなたは、まわりとの調和、どう考えていますか??

田貫湖畔2016年12月25日

水陸両用選手!?

 

 

冬の田貫湖で必ず見られる水鳥が「オオバン」。

特徴的なのが足で、陸でも水辺でも生活できる形をしています。

凄い鳥かと思いきや、実は泳ぐのは苦手で首を振りながら前に進もうとする必死な姿も見られます。

その姿がまた可愛いんです♪

自然塾敷地内2016年12月25日

Let’s 鳥の巣ウォッチング!

 

 

葉っぱが落ちた木の枝をよ~く見てみて下さい。

普段は気が付きませんが冬は案外、鳥の巣が見つかります♪

今もう使われていませんが、巣材を調べたりすると家主がわかるんです。

鳥によって理想のマイホームがあるんですね。

自然塾敷地内2016年12月10日

サクサク♪シャカシャカ♪

 

 

この季節におすすめなのが「音さんぽ」。

足元の落ち葉を踏むと「サクッ!」結構いい音なんです!

人によって「ザクザク」や「シャカシャカ」など、聞こえる音が違うのも面白いところ♪

聞こえた音を比べながら歩けば、会話もはずみますよ~!!

田貫湖畔2016年12月10日

コツコツ努力が大事です。

 

 

ハチの巣か…!?と思いきや、これはお札の原料となるミツマタのつぼみ。

来春、黄色の可愛い花を咲かせるため、今からコツコツ準備中です。

2016年も残りわずか。

来年に向けて、ミツマタのように着実に日々を重ねたいものですね。

小田貫湿原2016年12月10日

野鳥を見つけるコツ

 

 

かくれんぼ上手の野鳥を見つけるコツはたくさんあるのですが、

一番大切なのは「見ようとする心」を持つこと。

双眼鏡を持っていても、ぼーっとしてたら見つからない。

意識すれば道具がなくても出会えるチャンスは増えてきます!

<< 1 >> 1ページ中1ページ目