富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

小田貫湿原2017年06月30日

幸せの青い鳥を探そう!

 

 

見れたら嬉しい幸せの青い鳥、オオルリ。

子育てのため、海を越えて日本で夏を過ごします。

森が大好きで、木の枝先で休憩したり、獲物を狙っているのも目にします。

自然塾で双眼鏡を借りて幸せの青い鳥を探しに出かけましょう!

自然塾敷地内2017年6月25日

あわあわのヒミツ♪

 

 

あちこちの植物にあわあわが!!

もしや植物がビックリしすぎて泡をふいてしまったのか!?

なんて心配しないで♪これはアワフキムシという昆虫の子どもの仕業。

泡で身を守っているのです。上手に隠れているのでヒミツにしてあげましょう♪

田貫湖畔2017年7月20日

田貫湖畔に開業です!

 

 

虫たちから大人気!サワフタギの「お花レストラン」。

綺麗な白い花の周りには花粉や蜜を食べに昆虫が集まります。

サワフタギにとっても花粉を運んでもらう大チャンス!

レストランで繰り広げられるささやかな支え合い♪素敵ですね!

小田貫湿原2017年6月15日

せっせせっせとお掃除中

 

 

 

虫たちがお食事中。

ミミズの死んだやつを食べている彼らは、

死んだら出てくる虫で「シデムシ」と呼ばれています。

気味が悪いと思う方もいるかもしれませんが、

お掃除屋さんの彼らは森にとって、とても役に立っているのです♪

自然塾敷地内2017年6月10日

受け継がれし親の愛

 

 

木に実るモリアオガエルの卵。

なぜ木に産んだのか?それは動けない卵時代に水中の敵から身を守るため。

しかも、泡に包まれているので暑い日でも乾かない!

わが子のために、その先の子孫ために長い間、受け継がれてきた親の愛なのです♪

田貫湖畔2017年6月5日

野生のサクランボ??

 

 

花の時期だけ注目されるサクラ。

でもその花に虫が訪れて受粉が成功すれば実がなります。

その名も「サクランボ」。さくらん坊(さくらの子ども)が名前の由来です。

食べてみると、木によって味が違うので、ぜひ食べ比べてみて下さい

<< 1 >> 1ページ中1ページ目