富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

田貫湖畔2012年8月9日

老若男女に大人気!?


湿原を彩っていた「クサレダマ」が咲き終わったと思ったら、

今度は「キンミズヒキ」が沢山咲いていました。

 

きれいな黄色の花で、名前もなんだかオシャレ。

好きな人も多いのではないでしょうか?

 

花は冬になれば、動物や人によくくっつく実になります。

子どもの頃、よく投げて遊んだ人も多いのでは?

 

夏は大人に、冬は子どもに人気の花が、今湖畔でも湿原でも咲いていますよ。

ぜひこの時期に見に来てくださいね。

(2012年8月9日)

小田貫湿原2012年8月9日

ジネンジョ発見!!

 

湿原にだって、意外な山菜があるんです。

写真は、「ヤマノイモ」の花。

 

ジネンジョと聞けば、ピンと来る人も多いですよね!

良く売られている「ナガイモ」は中国が原産の別物。

 

ジネンジョの方が、粘りが強く、おいしいんだとか。

でもなかなか売っているところはないので、自分で掘り当てるしか食べる手段がありません。
花は意外とかわいくて目立つので、この時期目星をつけとくのもありかもしれませんね。

 

でもみなさん、くれぐれも採り間違いや、採る場所には注意してくださいね。

(2012年8月9日)

田貫湖畔2012年7月25日

油断大敵!!

 

 

 

夏に欠かせないのがセミの鳴き声!
今、田貫湖でよく鳴いているのは「カナカナカナ・・・」と鳴くヒグラシです。

 

ヒグラシが鳴くのは夏の終わりってイメージがありますが、
もうこの時期には鳴き始めているんですね。

 

ちなみにセミが鳴くのはオスだけ。
メスが敵に襲われないよう、オスが体を張って頑張っています。

 

写真がその頑張っているオス。
でもちょっと変ですよね??実はクモの巣にひっかかってしまいました!

 

自然界では油断していると、何があるかわかりません。
みなさんも外に遊びに行くときは、ご注意を!!

(2012.7.25)

<< 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 >> 119ページ中111ページ目