富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

自然塾敷地内2012年11月10日

紅葉真っ盛り!

 

秋晴れの日が続いていますが、
田貫湖は今まさに紅葉のピークです。

 

写真はイロハモミジの紅葉ですが、
赤や黄色に葉っぱたちが色づいてきています。

 

色が変わるのはカエデの仲間だけじゃありませんよ。
サクラ木やドングリをつける木だって色が変わります。

 

ではなぜ色が変わるのでしょうか?

 

紅葉の秘密を知りたい方はぜひ自然塾へお越しください!
スタッフに聞いてものよし!館内には紅葉の展示もありますよ。
(2012年11月10日)

小田貫湿原2012年11月10日

地味な花!?

 

 

季節はずれの線香花火のように咲いていたのが、
「ノダケ」の花。

 

この時期は地味な花をつける植物が多く、
見つけるのもなかなか難しいですよね。

 

湿原の花もピークを過ぎ、目立つ花は少なくなりましたが、
植物たちにとって、ライバルが少ないチャンスの時期でもあるんです。

 

栄養の少ない冬は、目立たない花を咲かせることで、
使うエネルギーを節約します。

 

ライバルがいない分、花があるだけで目立つんですね。

 

生き物たちの適応する力。
そんなことを考えながら、冬の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?
(2012年11月10日)

田貫湖畔2012年10月30日

ちょんまげ集団!!

田貫湖にやってきた!
金色の目をしたちょんまげ集団(笑)

 

名前は「キンクロハジロ」と言います。
羽が白いのがオス、茶色はメスです。

 

彼らが来たという事は、もう冬がやってきたということ!
水鳥や冬鳥は、これからどんどん増えてきますよ。

 

潜る格好、求愛する様子、じゃれ合う姿などなど。
ぜひ双眼鏡をのぞいてじっくり見て見てください!(2012年10月30日)

 
※双眼鏡は無料で貸し出ししております

<< 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 >> 125ページ中111ページ目