富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

自然塾敷地内2012年9月12日

変な形にはワケがある!

写真は「ツリフネソウ」という植物。

綺麗な赤紫色に、変な形の花をつけます。


そして花の先のくるっと丸くなった部分には、虫を引き寄せるための、

甘い蜜が入っています。

 

でも丸まった花の奥にある密、なかなか取りにくそうですよね?

ツリフネソウには、マルハナバチという決まったパートナーがいるんです。


マルハナバチは花の中に入り、蜜を吸う代わりに花粉を運んでくれます。

他の虫たちにはとられないような形の工夫だったんですね。


ちなみにツリフネソウ。人間がかじっても、ほのかに甘い味がしますよ。
みなさんもお試しあれー。(2012年9月12日)

小田貫湿原2012年9月12日

今、湿原がアツい!


湿原では、またしても花のピークを迎えています!

写真は「アサマフウロ」が一面に咲いている様子。

 

フウロソウの仲間の中でも、特に色が鮮やか!

夏から咲いていましたが、今が一番多い気がします。

 

その他にも、サワギキョウ、キンミズヒキ、キセルアザミなどなど。
再び旬を迎えた小田貫湿原へ。みなさん遊びに来てください!

(2012年9月12日)

小田貫湿原2012年8月31日

クモは芸術家!?

 

秋になると、ジョロウグモの網があちこちで目立つようになります。

 

クモは秋になると大人になります。そして、たくさんの餌を食べて交尾や産卵に備えるのでしょう。
網はひっかかるとイヤなものですが、人間にとって嫌な虫を取ってくれたりもするから、中々憎めないですね。

 

クモにとっても、生きるために苦労して編み出した作戦なのです。
クモの種類によっては、巣の形も様々。

 

この秋、芸術的なクモの巣を見つけるのもいいかもしれませんね!

(2012年8月31日)

<< 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 >> 129ページ中119ページ目