富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

田貫湖畔~1月編その2~

生きるための追いかけっこ

オオバンは水中に生えている水草を食べます。

そのためには潜って水草を採ってくる必要が

あります。寒い中潜って水草を採る、自然の

中で生きることは大変だな~と感心していたら、

水草を奪おうと追いかけっこしている2羽を発見!

水草を奪うなんてずるい!そう思う人が多いかもしれませんが、

厳しい冬を乗り越えるための一つの“戦略”かも

しれませんね。つくづく自然の厳しさを実感しました。

小田貫湿原 ~1月自然情報~

冬になると木々の葉が落ちますよね。

葉が落ちると景色が殺風景になり寂しい気持ちになってしまいがち。

でも葉が落ちるといいことが!

鳥の鳴き声がして、辺りを探すと…

いた!ルリビタキのメスがいました。

葉が落ちると、木にとまっている鳥を見つけやすくなるのです。

寒いですが、バードウォッチングにはいい季節ですよ♪

田貫湖畔~1月編~

田貫湖には毎年多くの水鳥が冬を越すためにやってきます。

カルガモやオオバンなどは基本毎日見られますが、

このカワアイサに出会えたら少しラッキーです。

スラっとした体形に細長く少し曲がったくちばしが特徴です。

あまり見かけることが少ないこの水鳥。

今年は休暇村富士正面のデッキ周辺にいることが多いですよ!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 137ページ中5ページ目