富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

田貫湖畔~3月編その2~

湖の中をのぞいてみよう

田貫湖周りをお散歩している時、

みなさんは水の中をのぞき込んでいるでしょうか?

暖かくなり、景色が彩り豊かになってきていますよね。

賑やかになってきているのは、水中も同じなのです!

例えばこのアズマヒキガエルの卵。

1週間から10日ほどでふ化するので、

オタマジャクシが見られるのは4月中旬頃かな?

そしたらもっと賑やかになりそうですね。

お散歩の際は、田貫湖の中も覗いてみてください!

小田貫湿原~3月編その2~

お供します?

この写真の鳥はヤマドリ。

桃太郎にも登場するキジの仲間なので、姿が似ていますね。

このヤマドリは最近小田貫湿原に姿を現します。

そしてスタッフを見つけるたびに威嚇のため、走って追いかけてきます。

スタッフに走って近づくヤマドリ。

この様子が、桃太郎にきびだんごをねだるキジと妙にリンクしました。

もしかしたら、人に近づき威嚇するキジの行動を見て、

桃太郎のお供はキジになったのかもしれませんね。

湿原で出会えたら、桃太郎の気分を味わえるかもしれませんよ。

木道~3月編その2~

春に舞う虫

春に花の周りに集まる虫と言えば、何が思い浮かびますか?

多くの人がチョウの仲間たちではないでしょうか。

今回はこの小さなベニシジミに出会いました。

日本人はチョウの飛ぶ行動に対して、「舞う」という表現を使います。

「舞う」という言葉には「飛び回る」だけではなく「踊る」という意味も。

確かに花々の上をひらひらと飛ぶ姿は、踊っているように見えますね。

春に舞うチョウの姿、これからたくさん見られそうですね♪

<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> 145ページ中9ページ目