富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

利用案内

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

朝霧高原 富士山まつりに出店しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月17日にふもっとぱらキャンプ場にて、第3回朝霧高原 富士山まつりが開催されました。
天気は快晴!たくさんのお客さんが足を運んでくれました。

タコの形をした凧が大空を舞い、パラグライダーからお菓子が撒かれて、子どもたちも大はしゃぎ。

 

自然塾も出展者として参加しました。

自然塾ではノコギリを使い丸太を切って、それをパズルするということをしていました。
ノコギリを使う機会はなかなかないため、子どもたちにとっても貴重な体験。

丸太を切り終えた後は、自分の好きな絵を書きます。最後は、ハンマーで叩き完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、「木を切ることは悪いことでは?」と思っている方もいるかもしれません。

実はこの丸太は、富士山の麓で切られた間伐材(森を守るために切られた材)をを使っています。

それを無駄にしないためにパズルなどの遊び道具として活用しています。

 

自然塾では丸太を使ったパズル作りを毎月1回実施しています。

興味がある方は自然塾までお問い合わせください。

カエルになりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月のはじめから自然塾では、アズマヒキガエルのオタマジャクシを育ていました。


遊びに来てくれた人たちも彼らに興味津々。

日に日に成長する姿を楽しみにされていた方も大勢いらっしゃいました。


そんな沢山の方々に見守られていたオタマジャクシがつい先日、カエルへと変身!

水から上陸し、姿は立派なカエルです。
しかし、みなさんがよく目にするヒキガエルと全く違う姿だと思います。大きさも1cmに満たないです。

 

実はヒキガエルを始め、カエルの仲間は脱皮をしてどんどん大きくなっていきます。
上陸したヒキガエル達もこれから脱皮を繰り返し大人に成長していきます。

ですが、自然の中は危険でいっぱい。
一体何匹のカエルが無事に大人になれるのでしょうか?

 

いつか大きくなってまた田貫湖へ卵を産みに来てくれるいいですね♪

 

自然塾では、上陸したてのヒキガエルを展示しています。「見てみたい!」という方はぜひぜひ自然塾までお越しください。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目