富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

木道~3月編その2~

春に舞う虫

春に花の周りに集まる虫と言えば、何が思い浮かびますか?

多くの人がチョウの仲間たちではないでしょうか。

今回はこの小さなベニシジミに出会いました。

日本人はチョウの飛ぶ行動に対して、「舞う」という表現を使います。

「舞う」という言葉には「飛び回る」だけではなく「踊る」という意味も。

確かに花々の上をひらひらと飛ぶ姿は、踊っているように見えますね。

春に舞うチョウの姿、これからたくさん見られそうですね♪

木道~3月編~

ひなたぼっこ

晴れた日に外にいると、

太陽って暖かいな~と思います。

そう思っているのは、虫たちも同じ。

この日は、日の当たる木の幹にアカタテハがいました。

気持ちよさそうにひなたぼっこしていますが、

周りは虫を食べる鳥だらけ。

緊張しながらひなたぼっこしていると思うと、

野生を生きることは大変ですね。

私たち人間は恵まれているな~と実感します。

自然塾敷地内~2月編~

虫たちの冬

寒く厳しい冬。足元では花が咲き始め春の装いですが、

まだまだ寒い日々が続いています。

その寒い冬を乗り超えるための様々な戦略が虫たちにはあります。

卵やサナギで乗り越える種類。成虫で乗り越える種類も。

では、このミノムシは?

ミノムシは、ガの幼虫。特にミノガの仲間たちの幼虫がミノムシです。

つまり幼虫の姿で冬を乗り越えます。

種類ごとの違いを知るとより虫たちの世界はおもしろいですね。

木道~2月編~

あともう少し!

 

寒い冬の間、生き物たちはどこにいるのでしょうか?

ケヤキの樹皮をよーく観察していると、

クチブトカメムシを発見!

寒そうに脚をたたんで、春を待っています。

暖かい春まであと少し。

頑張れカメムシ!

木道~1月編その2~

動物探偵になろう!

 

 

森や公園に足を運んでも、なかなか動物たちには

出会えませんよね?

実際よく自然の中に足を運ぶ私たちでも

そう簡単には出会えません。

でも、動物がいた痕跡はたくさん!

例えばこのこんもりとした土。

これはモグラがトンネルを掘った時にいらない土を、

よいしょっと地上に押し出したものなのです。

他にも動物の足跡や糞など、田貫湖周りは痕跡だらけ。

探偵気分でお散歩するのも楽しいですよ。

不思議な痕跡を見つけたら、自然塾スタッフに聞いてくださいね!

自然塾敷地内 ~1月自然情報~

なんと!冬に花が咲いています。

狂い咲きという言葉を聞いたことがありますか?

本来咲くはずの季節とは違う時期に花を咲かせてしまうことです。

このアシタカツツジも、本来春に咲くはずの植物。

こんなに寒い季節でも花を咲かせることがあるのですね。

先日名古屋では、サクラが狂い咲きしたそうです。

お散歩していると、こんな植物の不思議に

出会うことができるかもしれませんね。

自然塾敷地内~8月編~

怖いのは見た目だけ

 

 

スズメバチ!?いいえ、この昆虫はカミキリムシの仲間。

スズメバチそっくりですが、毒針はありません。

ただ、この模様を危険だと認識する生き物たちは、

きっと警戒して近づかないはず!

そう、それが彼らの身を守る作戦なのです!

2018年6月25日 自然塾敷地内

 

春をすぎて、チョウをよく見かけるようになりましたね。

よく見ると、模様が違ったり、羽ばたき方が違ったり。

種類が違うのがいろいろいます。大きさ、翅の色、などを覚えて

自然塾に来てもらえれば種類をお教えしますよー!!!

 

2018年6月5日 自然塾敷地内

ヤマボウシの花。実は白い部分は花びらではなく、

花を支える葉っぱのようなものです。

じゃあ花はというと、真ん中にある緑色の玉!

よーく見ると小さな花がたくさん咲いています。

近くでじっくり観察ことからわかることもありますね。

2018年1月10日 自然塾敷地内

起こしちゃってゴメンなさい!

 


冬を越すクモは、数か月を飲まず食わずで過ごします。

余計なエネルギーを使わないよう代謝を落とし、運動も控えます。

寒くない所に隠れているクモを見つけちゃったら、ゴメンね!

とそっと元に戻してあげてくださいね!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 13ページ中1ページ目