富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

小田貫湿原2012年12月26日

足跡はしっかりと!


雪の上にはしっかりと残っている、動物たちのいた証拠!
寒い冬でも動物たちは、頑張って生きています。

この足跡の正体は、リスの後ろ足。他にもたくさんの足跡が湿原には残っていました。

この時期、雪の上を探してみれば、動物たちの足跡を発見しやすいですよ!

人間が作った道でさえも、時間差では色んな動物たちも利用していたりと、足跡の様子から

動物たちの行動をみても面白いと思います。

(2012年12月26日)

小田貫湿原2012年12月12日

氷の世界!

 

地面から突如飛び出る「霜柱」。
これ実は、地面の中から出てきた水が凍ってできるんです。

 

地面の中にある水の姿なんて、普段なかなか見れないですよね。
冬ならではの景色。

 

ざくざく踏みしめたり、柱の長さを競ったりして、
お楽しみください♪

(2012年12月12日)

 

小田貫湿原2012年11月28日

氷点下!!

 

田貫湖周辺は、日に日に冬の雰囲気を感じるようになってきました。

 

朝方、日陰になっている場所では氷点下になっているようで、
足元には氷もちらほら見られる様になりました。

 

写真の葉っぱの上にも、氷がびっしり。
湿原や田貫湖に氷が張るのももうすぐです。

 

冬支度を始めた自然をぜひ探しに来てみてください。
(2012年11月28日)

小田貫湿原2012年11月10日

地味な花!?

 

 

季節はずれの線香花火のように咲いていたのが、
「ノダケ」の花。

 

この時期は地味な花をつける植物が多く、
見つけるのもなかなか難しいですよね。

 

湿原の花もピークを過ぎ、目立つ花は少なくなりましたが、
植物たちにとって、ライバルが少ないチャンスの時期でもあるんです。

 

栄養の少ない冬は、目立たない花を咲かせることで、
使うエネルギーを節約します。

 

ライバルがいない分、花があるだけで目立つんですね。

 

生き物たちの適応する力。
そんなことを考えながら、冬の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?
(2012年11月10日)

2017年8月30日小田貫湿原

暑さに負けず、大きくなるぞ!

 

 

夏の森を歩いていると、小さな木の実を発見!なんと可愛らしいドングリです。

秋に向け暑さに負けず、只今ぐんぐん成長中!

とんがり帽子に緑色の小さなドングリが見れるのはこの時期だけ!

ぜひお散歩しながら探してみて下さいね♪

2017年8月25日小田貫湿原

優雅に舞うヒミツ♪

 

 

ヒラヒラ舞うチョウ。小さくうすい体に受ける風は相当なはず。

そんなチョウが綺麗に飛ぶことができるのは、

空飛ぶ魔法の粉「鱗粉」のおかげ!雨をはじいたり、

風の抵抗を弱めてくれます。

そんな鱗粉が作れちゃうチョウ、すごいな~!

小田貫湿原2017年07月10日

命を守るためなのです

 

 

写真はマイマイガの幼虫。

毒針に触れてしまうとかぶれることもあります。

ただ、彼らも自分の命を守るために毒を持っていて、生きるために必死なのです。

確かに人に害があると嫌ですが、上手く付き合っていけるといいですね。

小田貫湿原2017年06月30日

幸せの青い鳥を探そう!

 

 

見れたら嬉しい幸せの青い鳥、オオルリ。

子育てのため、海を越えて日本で夏を過ごします。

森が大好きで、木の枝先で休憩したり、獲物を狙っているのも目にします。

自然塾で双眼鏡を借りて幸せの青い鳥を探しに出かけましょう!

小田貫湿原2017年05月25日

よく見てみて~!!

 

 

よく見るツツジの花。5枚に分かれている花びらをよく見てみると、

1枚だけ模様がある花弁があるのがわかりますか?

これは単なる飾りではなく、宝のありかのサイン。

ごちそう「みつ」の場所を教えて、虫を呼び寄せているのです!1

小田貫湖湿原2017年4月25日

かわいい顔して…

 

 

「フィフィ・・・」かよわい口笛のような鳴き声が聞こえたら、

サクラに注目!!正体はウソという名前の鳥(これホント!!笑)。

実はこの鳥、サクラのつぼみが大好物なので、

ちょっと迷惑がられる鳥なのですが、姿はかわいいやつです!!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 12ページ中1ページ目