富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

小田貫湿原2012年12月26日

足跡はしっかりと!


雪の上にはしっかりと残っている、動物たちのいた証拠!
寒い冬でも動物たちは、頑張って生きています。

この足跡の正体は、リスの後ろ足。他にもたくさんの足跡が湿原には残っていました。

この時期、雪の上を探してみれば、動物たちの足跡を発見しやすいですよ!

人間が作った道でさえも、時間差では色んな動物たちも利用していたりと、足跡の様子から

動物たちの行動をみても面白いと思います。

(2012年12月26日)

小田貫湿原2012年12月12日

氷の世界!

 

地面から突如飛び出る「霜柱」。
これ実は、地面の中から出てきた水が凍ってできるんです。

 

地面の中にある水の姿なんて、普段なかなか見れないですよね。
冬ならではの景色。

 

ざくざく踏みしめたり、柱の長さを競ったりして、
お楽しみください♪

(2012年12月12日)

 

小田貫湿原2012年11月28日

氷点下!!

 

田貫湖周辺は、日に日に冬の雰囲気を感じるようになってきました。

 

朝方、日陰になっている場所では氷点下になっているようで、
足元には氷もちらほら見られる様になりました。

 

写真の葉っぱの上にも、氷がびっしり。
湿原や田貫湖に氷が張るのももうすぐです。

 

冬支度を始めた自然をぜひ探しに来てみてください。
(2012年11月28日)

小田貫湿原2012年11月10日

地味な花!?

 

 

季節はずれの線香花火のように咲いていたのが、
「ノダケ」の花。

 

この時期は地味な花をつける植物が多く、
見つけるのもなかなか難しいですよね。

 

湿原の花もピークを過ぎ、目立つ花は少なくなりましたが、
植物たちにとって、ライバルが少ないチャンスの時期でもあるんです。

 

栄養の少ない冬は、目立たない花を咲かせることで、
使うエネルギーを節約します。

 

ライバルがいない分、花があるだけで目立つんですね。

 

生き物たちの適応する力。
そんなことを考えながら、冬の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?
(2012年11月10日)

小田貫湿原~6編その2~

夏はどこへ?

ノアザミにはよくこのウラギンヒョウモンが

蜜を吸いにやってきます。

6月ごろから姿が見られるようになり、

夏は姿を消してしまいます。

夏には死んでしまうのでしょうか?

そうではありません。

実は、夏眠をするのです。

涼しいところに身をひそめ、

秋ににまた姿を現します。

今なら湿原に行けば出会うことが出来ますよ♪

小田貫湿原~6月編~

トンボたちが飛び交う季節がやってきました!

子どもたちからの人気も高く、

童謡にも登場するほど、昔から日本人に

とてもなじみ深い昆虫ですね。

そんなトンボですが、近くで見たことありますか?

近くでじっくり見ると発見がたくさん!

脚に毛が生えていたり、目がクリっとして可愛らしかったり♪

トンボを見つけたら近くで観察してみてくださいね!

小田貫湿原~5月編~

高く飛ぶために

羽化という言葉を聞いたことがありますか?

幼虫から成虫に変わるために変態し、翅(はね)を

はやすことで、セミの羽化を見たことがある方は

少なくないと思います。

今の時期、トンボが羽化をする季節。

このコサナエトンボは羽化後、まだ柔らかい身体が

固くなるのを待っている最中。

運が良ければ、羽化している瞬間に出会えるかもしれませんね。

小田貫湿原~4月編~

探しては食べ、探しては食べ。


ここ最近一気に虫たちの数が増えたように感じます。

もちろん自然塾スタッフを喜んでいますが、

虫が大好きな鳥たちも大喜び。

このシジュウカラはカメラを向けても全くお構いなし。

必死に地面にいる虫を探しては食べを繰り返しています。

そーっと寄っていけば、シジュウカラに大接近できるかもしれませんね!

小田貫湿原~3月編その2~

お供します?

この写真の鳥はヤマドリ。

桃太郎にも登場するキジの仲間なので、姿が似ていますね。

このヤマドリは最近小田貫湿原に姿を現します。

そしてスタッフを見つけるたびに威嚇のため、走って追いかけてきます。

スタッフに走って近づくヤマドリ。

この様子が、桃太郎にきびだんごをねだるキジと妙にリンクしました。

もしかしたら、人に近づき威嚇するキジの行動を見て、

桃太郎のお供はキジになったのかもしれませんね。

湿原で出会えたら、桃太郎の気分を味わえるかもしれませんよ。

小田貫湿原~3月編~

ホーホケキョ

ホーホケキョ。

この声を聞くと、大体の人が「ウグイスだ!」と、

名前が出てくるのではないでしょうか。

でも、ウグイスがどんな姿か、想像できますか?

ましてや、本物を見たことがありますか?

ウグイスが多く見られる場所は、笹やぶの中。

スズメやカラスのように簡単には見られません。

笹やぶの中で小鳥が動いたら、目を凝らして観察してみてください。

もしかしたら、ウグイスかもしれません。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 14ページ中1ページ目