富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

小田貫湿原2012年12月26日

足跡はしっかりと!


雪の上にはしっかりと残っている、動物たちのいた証拠!
寒い冬でも動物たちは、頑張って生きています。

この足跡の正体は、リスの後ろ足。他にもたくさんの足跡が湿原には残っていました。

この時期、雪の上を探してみれば、動物たちの足跡を発見しやすいですよ!

人間が作った道でさえも、時間差では色んな動物たちも利用していたりと、足跡の様子から

動物たちの行動をみても面白いと思います。

(2012年12月26日)

小田貫湿原2012年12月12日

氷の世界!

 

地面から突如飛び出る「霜柱」。
これ実は、地面の中から出てきた水が凍ってできるんです。

 

地面の中にある水の姿なんて、普段なかなか見れないですよね。
冬ならではの景色。

 

ざくざく踏みしめたり、柱の長さを競ったりして、
お楽しみください♪

(2012年12月12日)

 

小田貫湿原2012年11月28日

氷点下!!

 

田貫湖周辺は、日に日に冬の雰囲気を感じるようになってきました。

 

朝方、日陰になっている場所では氷点下になっているようで、
足元には氷もちらほら見られる様になりました。

 

写真の葉っぱの上にも、氷がびっしり。
湿原や田貫湖に氷が張るのももうすぐです。

 

冬支度を始めた自然をぜひ探しに来てみてください。
(2012年11月28日)

小田貫湿原2012年11月10日

地味な花!?

 

 

季節はずれの線香花火のように咲いていたのが、
「ノダケ」の花。

 

この時期は地味な花をつける植物が多く、
見つけるのもなかなか難しいですよね。

 

湿原の花もピークを過ぎ、目立つ花は少なくなりましたが、
植物たちにとって、ライバルが少ないチャンスの時期でもあるんです。

 

栄養の少ない冬は、目立たない花を咲かせることで、
使うエネルギーを節約します。

 

ライバルがいない分、花があるだけで目立つんですね。

 

生き物たちの適応する力。
そんなことを考えながら、冬の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?
(2012年11月10日)

小田貫湿原~4月編~

舞い踊るチョウ

春になり標高の高い小田貫湿原にもチョウたちが少しずつ現れ始めました。

春がきて一番最初に飛び始めるチョウたちは成虫で越冬するチョウたちなのですが、

シジミチョウの仲間は卵で越冬し、春になると成虫へ変態します。

そのシジミチョウの仲間が現れ始めると、本格的な春がやってきたな~と感じます。

写真はベニシジミです。

オレンジのかわいらしい姿が特徴ですよ♪

小田貫湿原~3月編~

日本にいるの?

立派なくちばしをもったイカル。

数羽で一緒に活動していることが多いです。

この立派なくちばしを使ってかたい木の実などを割って食べています。

日本にもこんなに立派なくちばしをもった鳥がいるんですね♪

小田貫湿原~2月編~

春がきて冬が終わる

少しずつ春が近づいてきましたね♪

今日は田貫湖で初めてウグイスがさえずっている声を聞きました。
春が来るということは、冬が終わるということ。

冬が終わるということは、もう少しで冬鳥も見られなくなるということです。

 

冬鳥は言葉の通り、冬の寒い季節だけやってくる鳥たちの事。

今の季節、田貫湖周りにもたくさんの冬鳥たちがいますが、

もう少しで見られなくなってしまいます。

写真のジョウビタキも冬鳥。縄張り意識が強いので、

近づいてもあまり逃げないので、とても観察しやすい鳥です。

見られなくなる前に、たくさん可愛らしい姿に癒されてくださいね。

小田貫湿原~1月編~

春の訪れ?

アセビの花がポツポツと咲いていました。

アセビは本来2~4月に花を咲かせますが、

1月でもチラホラと咲いているということは...

もしかして春がちかづいたかな!?

そんなアセビの花を見つけた時の気温は-3℃。

春はまだまだ遠そうです。

小田貫湿原~12月編その2~

寒さゆえの景色

真冬。田貫湖周りの早朝は氷点下に達します。

時には路面凍結し、冬タイヤでないと小田貫湿原に

行くことが出来なくなるほど。

でも、その寒い小田貫湿原だからこそ出会える景色があります。

早朝には霜が降り、その霜を太陽が照らし輝きます。

こんな美しい景色が見られるなら、多少寒くても

景色を見に来る価値がありますね♪

小田貫湿原~12月編~

野鳥観察に最適!

 

冬になると木々の葉が落ちて景色がさみしく感じてしまいます。

しかし!だからこそ楽しくなることがあります。

それは、野鳥観察!

葉が落ちたことによって、木にとまっている野鳥を観察しやすいのです。

この日はコジュケイに出会うことが出来ました。

お散歩の際には、野鳥を探しながらお散歩を楽しまれてはいかがですか?

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 15ページ中1ページ目